この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

長く求人情報誌に記載されていないかどうかも見る事

ネット求人情報の掲載期間を確認しよう

ずっとネットの求人情報が見られる所に長く掲載されている求人も多いです。
その為、一度応募しても中々折り返しの連絡が来ない所も沢山あるそうです。
このような所は、ネットでの募集をしたのは良いが、人数が多すぎて対応出来ずにそのまま放置の状態になっているか、または犯罪に利用する為のダミーの会社の可能性も高いみたいです。

今では、多くの犯罪はネットを駆使して行われるようになってきています。
その手口に関しても年々技術は巧妙になってきている為、捕まえる事が難しくなってきています。
あまりにも長く求人情報を掲載している企業は、犯罪を行う為に個人情報を集めている可能性もあるので注意しましょう。
まずは、そのような求人には応募しない事が一番良い事だと思います。

個人情報を集めている可能性もあります

ネットでの求人情報は色んなサイトに溢れています。
その業種に関しては様々ある為、自分に合うサイトを見つけてそこからネットで求人に応募する人が増えてきています。
ですが、前の記事でも紹介したように、あまりにも長く掲載している求人情報に関しては犯罪行為に使われている可能性もあると言いました。
応募する際に個人情報を入力する必要があります。

犯罪を行う側にとって求人広告は嘘であり、色んな人の個人情報を集める為の入り口として利用している場合もあります。
求人広告としてネットに記載しておけば、誰も犯罪に利用する為の物とは考えないからです。
なので、ずっと記載されている所や企業名は同じでも仕事内容を少し変えている求人もあるので怪しいと思った求人情報に関しては一度警察に相談して見ると良いかもしれません。


TOPへ